05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

Alive in my heart (7) 

 夜。まだ陽の光が届かない暗闇の中で月だけが淡く私達を照らす。私がボニーの手を引き自軍のキャンプを走って飛び出して森の中に入る頃には、彼女は小さく息を切らせていた。それに気がついた私は慌てて歩幅を彼女に合わせると、少しだけ肩で呼吸をするボニーの瞳にはもう涙は溢れていなかった。手をつないだまま歩く軍服を着た私と、白い看護服を身にまとう彼女。その風貌はどこかアンバランスで、星が輝く森の中でどうにもそれを滑稽と感じて私は口角を少し上げるのだった。音の聞こえない夜道を二人で歩き続けると、暗闇に張り付いた星や月がどこかへ流れていくような錯覚をしてしまう。私はボニーの手を離さぬように握ると、彼女もまた、それに答えてくれた。
 月下に揺れる草花を踏み、白い花の揺れる花畑へ辿り着いた頃。辺りの景色は薄い夜明けを演出し、月も有明の月となって、ただ静かに揺れていた。
「ここは…?」
ボニーが細い声で私に問いかける。
「あいつが…」
「あいつ…?」
「レイモンドが俺に教えてくれた場所だ。」
そこは「白い光」と言う言葉が一番似合う花畑、レイモンドが生前に教えてくれた白い花が咲き乱れる花畑だった。
「レイモンドさんが…?」
「ああ、綺麗だろう…朝になる少し前が一番花が美しく見えるんだとさ…」
涼やかな風が花畑を過ぎ去っていくと私達の頬を撫で、空へ消えていく。ボニーは花畑にゆっくりと近づいてしゃがみこみ花に触れ始めた。
「Une belle fleur…素敵ね…」
「ん…?」
「っ…素敵な場所ね。」
「ああ…そうだな。」
ボニーはしゃがみこんだまま徐に花を摘み始めた。見えているか…レイモンド。私はお前にいつも何かを与えられてばかりだったな……すまない。ここにはもう来ないつもりだったが…レイモンド、私はお前を思い出す事を…もう恐れない。さよならだレイモンド。悲しみに暮れるのは私だけでは無かった…いつかそっちで会おうじゃないか。その時は私から酒に誘うさ…ありがとう…レイモンド。白い光が花畑一面を照らしていく。夜明けはもう目の前に近づいている。
 その後。私は白い花で髪飾りを編むボニーと花畑でひとしきり話をした後、彼女と一緒にベースキャンプへ戻っていった。起床の時間にはまだ十分時間があり、私と彼女は微笑みを交わしながら岐路に着いた。ボニーを衛生キャンプまで送り届けた後、私は欠伸をひとつして、自分の部屋に戻ろうとしたとき…彼女に呼び止められた。
「クライドさん…写真をとらない?」
「写真?」
「ええ…ダメかしら…」
彼女が躊躇いがちにそう尋ねる。
「いや、構わないよ」
断る理由は無い。私は彼女を強引に連れ出したのだから、それくらい容易いものだ。
「そ…それじゃあ…少し待っていて!」
彼女は笑顔でそう言うと衛生テントの中に入っていった。程なくしてカメラを持ったボニーがテントから出てくる。
「それとね…これを…」
もう片方の手には先程作った白い花の髪飾りが握られていた。
「これを頭につけて…一緒に写真を撮って欲しいの…」
頬を染めてそう言う彼女に、私は胸が高鳴った。彼女の眼を見て話が出来ない。私は無言で大きく頷いて彼女の横に立つ。三脚にカメラを立てたボニーが私の横で髪飾りをつけている。手渡されたもう一つの髪飾りを遠慮がちに私が頭につけると、彼女は「結婚式みたいだね」と微笑んだ。やや緊張気味に彼女の横でシャッターが切られるのを待つと、セルフタイマーのセットをし終わった彼女と私はお互いに笑い合った。幸せだと…この戦場で初めて私は感じた。
スポンサーサイト

テーマ: 自作連載小説

ジャンル: 小説・文学

[edit]

悪夢の輪廻 

今朝の夢。それは中学校の校舎に似た場所でPS2ゲームソフト「SIREN」ばりの脱出劇に陥る夢。しかし自分の視点で動いてはいるものの、自分の身体じゃないことを自分で理解している不思議な感覚だった。まるで他人の身体を自分が操っているような感覚に戸惑う。それでも、ゾンビの様に徘徊する彼らの様な屍人にゃなりたくないって訳で、逃走を繰り返す。


次第に諦め始めた頃、もうどうにでもなれと廊下で死んだフリをしていたらピザ屍人に見破られる。しかし、その際にピザ屍人が「屍人とは命が無限になってしまうのに、こんなところで死んでいるのはおかしいなあ。」と発言したのをきっかけに脱出方法を見出す。身体を捻り起き上がり、走って下駄箱が見える玄関に走っていく。僕は外に脱出するために最後の策略を実行するのだ。「命が無限にあり、終わりがないのであれば自らこの舞台に幕をひくしかない。」その考えから「学校の終わりは放課後、終わりが放課後だとしたら玄関から帰れば物語の幕だ。」という思考に至ったのだ。なんとも単純で今になって考えれば稚拙な考えであったが、あのときの僕には青天の霹靂だった。


玄関まで走っていくと、玄関の前で見覚えのある彼女が僕を待っていた。ネィゼルだ。開け放たれた玄関の扉の横で笑顔の女神が手を伸ばしている。僕は、彼女の手を握り玄関から共に飛び出した。さながらPS2ゲームソフトの「ICO」の様に彼女の手をとって玄関から脱出を完遂して振り返ると、校舎から出られない屍人は僕を睨んでいた。僕の自論は正しかった訳だ。



気がつけば、外に出た際に身体は自分のものに戻っていて。生きている喜びに彼女と抱擁を交わし、髪を撫でてては「生きてて良かった」と感嘆の声をあげる。ふと校舎を見上げれば校舎はボロボロの廃墟と化しており、彼女と共に校門をくぐりぬけて悪鬼悪霊の魔窟にさよならを告げる。


問題はその帰り道だ。どうにも屍人の魔窟で見かけた人と似たような人達とすれ違うのだ。まるで屍人なんて始めから存在していなかったかの様に、普段と変わらない町並みに僕の思考は溶かされていく。戸惑いがちに安堵の息を吐き、歩き始めたその時だった。

校舎で僕が動かしていた身体の彼が笑顔でボロボロの校舎に入っていくのを見た。僕は寒気を覚えた。急いでその付近に近づくと、今校舎に入っていった人の友人と思われる人を見つけた。話しを聞きにいくと「彼は写真家で、廃墟の写真を撮りに行ったんだ」と聞かされた。そして、そのときに直感した。「僕がこの廃墟から出てきたことで彼の人生になにかしらの影響を与えてしまったのではなかろうか。」と。「本来、彼が脱出できるはずのストーリーを上から塗り替えてしまったのではないか。」と。そう思うと安直にそんな気がしてならず、焦燥感にかられるものの、廃墟へ足を踏み出す勇気は合わせ持っていなかった。写真家の彼が窓から校舎に入ったのを見たとき、言い知れぬ絶望感を感じたものだ。



思えば…彼のことを見送った友人と思しきこの人も…あの校舎の中で見た気がする。彼に僕がこれまでの経緯を話したところで到底理解してもらえるとは思えないが、語りださずにはいられなかった。そして、その会話をする横を女性が一人通り過ぎようとする。見覚えのある彼女にも違和感を感じたときにはもう…僕は彼女をひきとめていた。彼女もまた、この校舎で僕を襲った屍人と酷似していたからである。話を聞けば彼女もこれからこの廃校舎に用事があるとの事だったので、僕は必死の説得で彼らを廃墟へ侵入させないように説得する。


そして、そのときに気がついた。間違いなく校舎へ侵入したであろう写真家の彼の人生を狂わせた事に。ストーリーを事前に変えてしまった事に。どこか、この悪夢の輪廻をひとりの犠牲により止めてしまった気がした。僕の説得により写真家の友人は車で待つ事にしたようで、ひきとめた彼女も渋々帰っていった。僕は手を繋いだ彼女と廃墟を後にし、もう二度とこの廃墟には近づかないと心に決めて夢は終わるのだった。






だが夢から覚め、目が覚めてから気がついた。校舎に入らなかった彼らはいずれ校舎に入るのだろうと。友人が廃校舎から出てこなかったら心配になって結局中に進入するのではなかろうか。ひきとめた彼女も時間や日を改めて訪問するかもしれないのではなかろうか。ああ、悪夢の輪廻は思い上がった一人の行動では何も変えることは出来ないのだ。だがしかし、この悪夢が終わりを告げる日が来ないとも限らない。運命とはきまぐれである。いつか、この夢の輪廻が終わるときに、僕は校舎に取り残されたくはないものだ。そう願うばかりである。願わくはこの文章が遺書にならない事を願う。


テーマ: 雑記

ジャンル: 小説・文学

[edit]

黒の奴隷服 

 驚いた。正直冗談半分で彼女の話を聞いていた僕には、目の前の状況が理解できない。まさか黒猫が彼女の言うとおりのものを持ってくるなんて誰が信じられようか。彼女が一言「タイヤ」だの「お寿司」だのと言うだけで、一言鳴いた黒猫が十五分も経たずに命令したものを持ってくるのだ。常軌を逸した行動だ…黒猫も、彼女も。どういうことなのか全く理解できない。
「これで信じたかい?」
「にゃー」
少女と黒猫が僕見て「どうだ」と言わんばかりの表情をしている。僕は首を縦に振らざるを得なかった。それにしても何なんだこの黒猫は、少女の命令を聞くや、すぐに路地裏に飛び込み、数分後には数匹の猫を引き連れて望みの品を持ってくる。猫のネットワークはメールなんかより早いんじゃないだろうか。
 少女は黒猫と話をしているようだが、どうにも僕には理解できないことだ。世の中は狭いようで広いのだなあ。感慨にふけっていると、ふと少女が僕を見ていることに気がついた。
「さあ約束だよ」
「にゃー」
…忘れていた。この少女は僕にゲームを持ちかけていたんだった。「現代人の君、私とゲームをしよう!今からすることに君が驚いたり関心をしなかったら私がなんでもひとつ願いをかなえてやろう!ただし!それを守れなかった場合は君は私の言う事を何でも聞くってゲームだ!」と言われていた、ああ。今さら思い出したよ。
 瞬間、閃光が走った。少女がドンドン大きくなっていくように見える。どういうことだ。
「うわあ、たすけてくれ!」
僕はそう叫んだつもりだった。でも声は聞こえず、猫の声だけが木霊した。怖くなって僕は眼を閉じる。暗闇がこんなに落ち着くものだと思わなかった。
「じゃあ、今度は今日から君が彼女のゲームに付き合う番だ」
ふと上から男の人の声が聞こえた。恐る恐る眼を開けて声のするほうを見ると黒いスーツを着た細身の男性が僕にそう告げた。意味がわからない。僕は助けを求めるべく彼に叫んだ。
「にゃー!」
背筋が凍った。僕は自分の手を見つめる。肉のついた丸い腕。黒い毛が身体を覆っている。そして、世界がとても大きく感じる。ああ…なんてことだ。僕は猫にされてしまったのか。
「彼女は、ああやってゲームを持ちかけては猫のペットをコロコロ変えているんだ。僕も最初は戸惑ったものだけど、意外と猫の生活も悪くないよ。頑張ることだね」
ふざけるな。なにが猫の生活だ。
「それじゃあ、僕の後は君に任せるよ。あのゲームはね、3ヶ月に1回あの少女が行う行事でね…あの子は魔法使いなんだ。いやー、僕も猫の社会に適応するまでに5年もかかっちゃったよ。はっはっは。」
なんだ…と言う事は、僕はあの子のゲームを手伝わなきゃ人間に戻れないっていうのか。ふざけるな。ふざけるな。ふざけるな。
 夕暮れにスーツを着た男が笑顔なのは、なにも仕事が終えて嬉しいから、というわけだけでもなさそうです。スーツは奴隷服、そしてそれを脱ぐことは様々な労働や束縛からの解放なのです。

テーマ: ショートショート

ジャンル: 小説・文学

[edit]

Alive in my heart (6) 

「クライドさん…貴方…あまり良い噂を聞かないわよ」
深夜、野営テントから離れて、衛生テントの裏でタバコを吸っていた私に後ろから声をかけてきた女性がいた。久しぶりに聞いた声…ここに来た頃を思い出す嫌な声だ。
「ほっといてくれボニー…君には関係の無い話だ…」
後ろを振り向かずに、私は星をボーっと眺めながら返事を返す。私の名前を知っていて、尚且つこんなことを話しかけてくるのは彼女しかいない。
「レイモンドさんが亡くなってから…貴方…変わったわよ」
「私にアイツの話をするな…もう忘れたいんだ…」
私はタバコを口に咥えたまま振り返る。相変わらず天使のような白衣の白い姿が、今では少し憎たらしい。その表情はすこし憂いを秘めた表情で、宝石を散りばめたように透き通るような赤い瞳が私を見ている。ああ、間違いなくボニーだ。まるで吸い込まれそうな美しい瞳に私は彼女の眼を直視することができなかった。
「いや…すまない…」
気がつけば謝っていた。彼女の眼を見ることが出来ない私は、地面に眼を向ける。月明かりに照らされた足元は薄く淡い白で輝く。彼女は無言で私のそばに近づき隣に立った。瞬間、心臓が高鳴る。やはり彼女は美しい。彼女の透き通る様な金髪と、端整な横顔が月明かりに照らされ、とても美しい。しかし月の光の加減のせいか、彼女が少し悲しそうな表情をしていたように見えた。
「私ね…」
そっと唇は動き、彼女は呟く。
「レイモンドさんに告白されてたの…」
「…えっ…」
タバコが口元からこぼれた。小さな落下音が足元で鳴る。灯火がひとつ、足元で輝く。タバコを落としたと気付いた刹那、地面に反射的に前屈みになり、手をのばしそうになったが…タバコは取らなかった。そしてその時同時に理解もした。ボニーほどの美貌がある女性なら私以外にも好意を抱く者がいてもおかしくはない事に。
「…そうか…それは初耳だったよ」
前屈みになった体勢を戻し、私は両手を軍服のポケットに捻じ込みそう言った。
「君達は…付き合っていたのかい?」
言ってから、私も随分常識の無いことを聞いたと思った。恋人が死んだのなら、そんなことを聞くべきではないとわかっていたのに…自分でも理解していないところで動揺していたようだ。心音が大きく高鳴る。
「……」
彼女は首を横に振った。
「いいえ…お付き合いはしなかったわ…」
彼女は少しだけ優しい顔をしながら私を見てそう言った。彼女の赤い瞳が、夜空の星を集めたように輝いている。ボニーの瞳は潤んでいた。
「私…ね…好きな人がいるのよ…」
途切れ途切れに彼女は私に呟く
「それでね断ったの…でも…あの人に申し訳…なくて…それなのに…あの人…笑って…話を聞いてくれてありが…とうって…」
ああ、やはりレイモンドは思った通りの奴だった。人の気持ちを大事に出来る、そんな素晴らしい奴だった。
「ねぇ…どうして…あんなに良い人ばかり…戦争なんかで死んでいっちゃうのかな…ねぇ…」
俯いて泣き出したボニーに、私はポケットの中で拳を握り締め、月を見上げた。いつもと変わらずに夜空に張り付く月は、きっと私が死ぬまでに落ちてくることはないだろう。いつも空でひとりぼっちなのだ。
「泣くな…ボニー…」
泣き止む筈がないとわかっていても、私にはそれしか言う事が出来なかった。いや、本当にそうだろうか。私は何も出来ない愚か者なのだろうか。泣く人の一人も救えない非力な人間なのだろうか。いや…私にも何かできるはずだ。ああ、レイモンド。私はお前の戦友として恥じない事をする。お前の好きだった女性…そして私の好きな女性の為に、私は今、私の出来る事をする。
「行こう、ボニー。」
居ても立ってもいられない、私はボニーの右手を掴み走り出した。
「え…っ…」
泣きじゃくる彼女を引っ張って、私は走る。まずは目指す先は私のベースキャンプだ。ボニーは涙を薄く流しながら、私の突然の行為に戸惑っていたが、脚を止めたり抵抗するような素振りは見せなかった。
「ボニー、私についてきてくれ」
「え…どこに行くの…?」
走りながら私は何度も振り返り、彼女に呼びかける。ボニーは涙を左手で拭った後、私の眼を見る。もう私は逃げない、私は一度足を止めて彼女の輝いた赤い瞳を正面から見つめた。
「頼む…今だけ黙って私についてきてくれないか」
少しだけ戸惑ったの表情をしたボニーは、私の目を見た後、大きく頷いてくれた。
「…ありがとう。」
私は彼女にそう言った後、彼女の手をひいて走り出す。固く繋いだ手を離さないように、壊してしまわないように優しく強く、握り締めて。


 

テーマ: 自作連載小説

ジャンル: 小説・文学

[edit]

「Alive in my heart」の中間報告 

自作長編小説「Alive in my heart」の中間報告をしたいと思います。現在、5作品を書いた今作ですが、それはもう言わずもがなインスパイアされたのは「MARCHEN STATION」の「Alive in my heart」でありまして。是非ともこの曲を聴きながら読んでいただきたい内容となっております。

例外として「Alive in my heart (1)」の内容は、「MARCHEN STATION」のアルバム「COCKTAIL OF DREAM」の一曲目である「Lost」となっておりますが、後の(2)から現在までの(5)までは、「COCKTAIL OF DREAM」の二曲目であります「Alive in my heart」となっております。もう後は何も言うまい…感じてくださいな。





「Alive in my heart/MARCHEN STATION」
Alive in my heart(2) 0:00 ~ 0:40
Alive in my heart(3) 0:40 ~ 1:22
Alive in my heart(4) 1:22 ~ 1:46
Alive in my heart(5) 1:46 ~ 2:18



執筆はまだまだ終わっていないので、丸々一曲のドラマを是非ともお送りしたいものです。

テーマ: 更新報告・お知らせ

ジャンル: 小説・文学

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。