08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

平民どもは裏口へ 

君が風を運んできた
僕は懐中電灯を照らして君の光になる
白昼夢 それが必要じゃないとしても
ただ照らすだけ 月のように白い世界


忘れていた時が動き出す
僕は懐中電灯を照らして夜の光になる
夢十夜 僕達は小さくても
ただ焦らすだけ 君のように青い世界

テーマ: 自作詩

ジャンル: 小説・文学

[edit]

« 貴族のやつらをしばり首  |  所謂「クラス全員俺の嫁、私達の(中略)ペット宣言」ではない。 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://noizirou.blog112.fc2.com/tb.php/109-0dfb78f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。