08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

まっくら森の歌 

とりあえず、理由は良いんだ。
車に乗って左手はギアに、右手はハンドル。左足で大きくクラッチを踏み込んで深呼吸。窓を開けて、音楽は好きなもので良いから。聴き飽きた感情を聴いて、音の大きさはほんの少しだけ。風を見てアクセルをゆっくりと踏む。行く場所は遠くなら何処でも良い。




相変わらず、上達しない僕のギター。弦を指で弾いて。あぁ、誰かの曲を見て、聴いても。自分と比べて落ち込んじゃいけないぜ。練習して、わからないことを乗り越えれば良いだけなのだから。…恐らく。




まっくら。
クラーイ。クライ。







良い曲です。本当に。




昨日、友人と遊びましたよ。
夜中に何も見えない神社で人を待つ僕。タバコでも吸えれば絵になるんですけどね。句読点の多い僕は、浪漫の欠片も無い写実主義のアスファルトを踏んで、ただ夜を怖がっていました。

到着した友人とゲームをして遊び、夜1時になったので帰ることにしました。ダダリオの弦の様に張り詰めた夜の中、車の助手席に友人を乗せて走っていく。少ない時間でしたが、友人と話せて幸せでした。普段、平日の職場や自宅では会話が無いもので。そんな貴重な時間が本当に幸せ。



一人、帰るとき。
エリクサー弦のように、鋭利に冷たく張り詰めた夜を乗り越えて行く。どこかでガットギターの囁きが、朝に向かって流れ始める。夜は怖いから、空を見ると。綺麗な星が輝いていた。僕はお洒落な人間にはなれんけど。格好つけて生きることができるよ。










テーマ: ニコニコ動画

ジャンル: ブログ

[edit]

« ^し^「ててん!」  |  金曜日のワルツ »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://noizirou.blog112.fc2.com/tb.php/12-cc2992fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。