07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

Alive In My Heart (1) 

序章「lost」


『こっちがパパで…』
私には娘がいる。金色の髪と赤い瞳を持つ、私とは似ても似つかない美しい八歳の愛娘だ。
『こっちがママなの…』
娘はある日、私がいつもの様に朝から何もするわけでも無く、ニュース番組を見ながらコーヒーを飲んでいたときに玄関からやってきた。インターホンの音が産声だったと言うわけだ。傑作な話だ。
『いつか…三人で一緒に暮らすの…』
私が必死に少女の名前を聞くと、名前はダリアと言っていた。
『おっきいおうちに住んでね…それでね…』
ダリアは…どこかへと消えたあの彼女の置き土産だ。花畑で人形を家族に見立てて野良猫に話しかけている。とても嬉しそうに、私もわからない異国の言葉で猫に話している。
『…そうしたらアナタもいっしょにくらしましょうよ…ネコちゃん』
これがあの彼女の求めた幸せだというのなら…私は受け入れたいと思っている。たとえ娘と言葉が通じなくても、気持ちは通じると信じているからだ。
『わたしね…パパもママも大好きなの…』
あの日、玄関で少女と出会った時に、少女が持っていた一枚の写真…私とあの彼女が一緒に写った写真。そこには傭兵をしていた頃の私と衛生兵だった彼女が写っていた。



テーマ: 二次創作

ジャンル: 小説・文学

[edit]

« Alive In My Heart (2)  |  楊貴妃 3 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://noizirou.blog112.fc2.com/tb.php/163-0417cbb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。