06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

カクテルで乾杯を 

よく漫画なんかでダラけてる時の描写で、椅子に座ったまま手足を前に投げ出して「あついー」みたいな感じで机に体重を預けるような描写があるじゃないですか。なんと言うか今、正にそれをやりたくてしょうがないのです。

と言うのも、髪の毛を「切れ」と遂に職場より指示がありましたのですよ。この女尊男卑の社会を表すかのような方程式。遂に僕にも回答が迫られるときが来てしまいました。ああ、なんとも嘆かわしい。髪の毛なんかに気をとられて何かもっと大事な事を見失っている。そんな浅ましい世情にはうんざりしている僕のちいさな反抗心が、職場のお局さんにより、いとも簡単に摘まれてしまいましたとさ。


ぐぎゃぎゃぎゃ…そりゃあもうダラダラと顔を溶かして机の大きさに液状化したいと思ってしまうのも無理の無い話…社会人になろうが大人と言われようとも、この反抗的な心持は変わらないわけでありますなあ。



今日は昼休みに、ぎゅーっと四肢を伸ばして「はぁ」とここはひとつ溜息をついて瞼を閉じたいと思います。うなだれる頭を撫でてくれる人がいたら多分、流石の僕でも恋くらいするでしょう。弱みにつけこまれると人間は弱者なのですよ。さあ、心のオアシス「BAR」や「酒場」に行きましょう。そこで美しい女性に一杯、お酒をごちそうしてさしあげましょう。きっと僕は酒場でもカウンターで四肢を投げ出してうなだれていることでしょうから、あなたが他の誰かを幸せにしてあげることです。僕はぼやけたネオンライトを見ながら、グラスの氷が音を立てるまでそれを眺めているかもしれませんし、ギターを弾きたいからさっさと帰るかもしれませんが。まあ恐らく後者でしょう。


テーマ: 日常雑感

ジャンル: ブログ

[edit]

« 春の袖  |  似非ラジオ(その6) »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://noizirou.blog112.fc2.com/tb.php/179-fa990d7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。