06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

赤きドラクルと躍動する16ビット 

GETU_R.jpg

1987年にKONAMから発売されたI「月風魔伝」をご存知だろうか。まあ間違いなくナムコ社の「源平討魔伝」から影響を受けたのであろうシステムなのだが、色々と面白い点が多々あるので紹介しておこうと思う。




●西暦14672年(魔暦元年)。地獄界より覚醒した魔王『龍骨鬼』が地上に出現し、人類は滅亡の危機に立たされていた。地上の統治者『月氏三兄弟』(げつしさんきょうだい)のうち生き残った末弟『月風魔』は、奪われた一族の秘宝『波動剣』を取り戻して龍骨鬼を討ち、殺害された兄の無念を晴らすために『魔歴元年』(まれきがんねん)と呼ばれる異形に満ちた世界を歩く長い旅に出る。





まあどうして今更こんなレトロゲームを持ち出したのかというと理由がありまして…ことの発端は「悪魔城ドラキュラHarmony of Despair」でした。Xbox LIVE アーケードタイトル『悪魔城ドラキュラ Harmony of Despair』のダウンロードコンテンツとして、追加ステージ「月風魔伝」と追加キャラクター「月風魔」を配信しているそうなのです。久し振りに最新ゲームで欲しいと思った作品でございますよ。


そんな「悪魔城ドラキュラHarmony of Despair」が最新ゲーム機であるにも関わらずレトロゲーマーの僕の心を動かしたのには「月風魔」以外にも理由があります。これは動画を見ていただければおわかりいただけると思います。





どうですか!この2Dのドットキャラクター!クールな音楽は生ギターの音で最高峰に!更にボイスを加えることで臨場感を沢山散りばめているにも関わらず、初心を忘れない横スクロール!最近の3Dポリゴンゲームと一線を引いておきながら…このクオリティ!たまんねえな!よだれが止まらん。


そして…これが蘇った「月風魔」です。




音楽とグラフィック、共に文句のつけようがありません。今まで最新ゲームに興味が無いなんて思ってましたが、もうこれは考えを十二分に改めなくてはなりません。これは素直に格好良いです。それにしても…ああ、懐かしきかな月風魔。発売したときに僕は生まれてませんけど…このようなKONAMIの遊び心で存在を知ったのも事実。



0537.jpg



テーマ: ゲーム雑記

ジャンル: ゲーム

[edit]

« Alive In My Heart (5)  |  あなたはあなたはあなたは赤い部屋が好きですか? »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://noizirou.blog112.fc2.com/tb.php/194-184bfe17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。