06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

ベーシストとシンセサイザーの間 

やあ、バーボンハウスへようこそ。このテキーラはサービスだから、まずはこれを飲んで落ち着いて欲しい。うん…また…なんだ。仏の顔も、って言うしね。許してもらおうとは思わない。だけど君はこの記事に出会ったときに、なにか「ときめき」のようなものを感じたと思う。殺伐とした世の中でも、そんな気持ちを忘れないで履歴書を書いていってほしいんだ。さあ、注文を聞こうか。


中古のベースを買いました。これと言って特筆すべきことはないのですが、トラスロッドが一方向に回転しきっていたいたのには笑わせてもらいました。レンチで調整いたしましてネックの状態を改善したものの、音のビビリが各所で見られたため弦高を修正。弾きやすいように弦高を下げてはネックを調整。弦高を調整。結局、新しくダダリオ弦を張ったベースが最良の状態になるまでに2時間ほどかかりました。

素人が弄るものではないと思われがちなネックの調整は、やってみればわかるとおり別に大した事はありません。むしろ楽器が壊れるかもしれないと、怖くて手を出さないよりはガンガン回して特性を掴んだ方が飲み込みは早い気がします。というか、別に「ネックが反っているからこの楽器はオカシイ」という固定観念は捨てた方が良いのでしょうね。友人は早弾きするためにワザと反らして高音をよりクリアにしています。とにもかくにも、わからぬ事はチャレンジするべきだ。シンセであれMIDIとかでも同じ事。

ところで、ベースの名前を決めていないので今のところ魂の抜け殻の状態ですが、ヴァニティ同様に後日思いつくでしょうさ。うむ。弄った事の無いベースは、ギターの6~3弦が太くなっただけという印象だっためパワーコードなどを弾いたりしていました。原理はギターと変わらないようですね。中々に面白い。


先日の記事の通りに「風雅」のギター進行を完璧にコピーしましたので、次はベースを難なく弾いてみたいと思います。ドラムも諸問題はありますが、上手い事やれば気持ちよく音を刺してくれると思うので楽観視しているのですが…問題はキーボード。シンセサイザーの導入がどうにも鬼門です。正直、ギターを弾く時間が削られて面倒な事この上ないMIDI打ち込み。ドラムまでコピーしてから導入を検討したいものです。DAW環境ではない外付けのMTRため、シンセの直挿ししか考えていない完全な脳筋ぶり。



こんなこと考えながらPCキーボ-ドの「←」ボタンをクリクリといやらしく指先で捏ねくり回しています。眠い。今日はなんだか眠いのよ。

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

[edit]

« 卒アル中毒  |  お湯ゴクゴク999杯目 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://noizirou.blog112.fc2.com/tb.php/209-5fc61edf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。