08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

ソロギタリストは総じて世界観を持っている。 

アコギとエレキが違うように、ギターの種類が変わると奏法も変わります。エレキギターではボディを叩いても「ゴーン」とくぐもった音しか出ませんが、アコギは特有の空洞音が心地好く鳴ります。はっきり言ってしまえば同じギターでも世界は似て非なるものです。ボディを叩く奏法のお陰でギターそのものをドラムにできたりと、まったく別世界の品物になります。

故にソロギターというものはエレキを何年やったから比例して上手くなるというものでもない訳です。勿論そんなことは個人差がありますが、飽くまでも僕はそう思っています。

そうです。

ソロギターはベースとドラム、メロディを全て一人で弾く化け物の世界。




http://www.youtube.com/watch?v=pGxWETZiEMU


http://www.youtube.com/watch?v=i4BYMvVvMg0&feature=related


笑顔の満ち溢れる魔境である。

テーマ: 日記

ジャンル: ブログ

[edit]

« やっとこれで蛹になれた  |  らぶとかなんとか »

この記事に対するコメント

アコギ+ソロギターと聞いて、僕はアンディ・マッキーさんの"Drifting"を
真っ先に思い浮かべました。
いつか、この魔境にある音の楽しさを自分自身で味わってみたいものです。

紅猫 #IfkUwhh6 | URL | 2011/05/24 03:09 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://noizirou.blog112.fc2.com/tb.php/273-aad46ce4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。