08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

フランドールの「こころ」 

では次は、
前述で述べた10の真相について触れよう。



●禁忌「クランベリートラップ」
熟すとピンク色から深紅に色づくクランベリーは、滲む血のような迫る狂気とも言えようか。クランベリーの和名は「おおつるこけもも」そして「こけもも」の花言葉は「反抗期」。成る程、反抗期の罠か。フランはただ、無邪気に世界を知らないからこそ残酷なのだろうか。オーエンとは違う気がしてきました。



●禁忌「レーヴァテイン」
言わずと知れた伝説の武器ですね。では私は「もしかしたらこのレーヴァテインが、スルトのもつ炎の剣なのかもしれません」という記述を重要視しましょう。スルトは生まれが不明でありながら、炎の剣を持っており、最後まで生き残りすべてを焼き尽くすという記述があります。オーエンの殺人に関することとしてはピッタリではありませんか?

更に、スルトの持つ剣は生き物だった。という話がありますね。9つの鍵にとじこめられた感情の剣。狂気な感情そのものだったと考えてみてはいかがだろうか。



●禁忌「フォーオブアカインド」
フランが四人に分裂する技です。一説では「喜怒哀楽」が分裂したと言われてますね。大いに納得。感情が爆発しているフランの中ではわかりやすいスペルでしょう。でも、僕はなんとなく一人で家族ごっこをしているフランって気がします。監禁された中で作り出した、フランとレミリアと咲夜とパチュリー。そんな小さな悲しさをひとつまみ。ポーカーの「フォーカード」の別名でもある。



●禁忌「カゴメカゴメ」
いついつ出会う。後ろの正面だあれ。「皆で歌って遊ぼうよ!お姉さま!」な雰囲気。それでも歌が多々ある俗説はほとんどが悲しい歌。



●禁忌「恋の迷路」
そして恋をしたフラン。いつ、誰に。それを知る術はないが彼女は恋を知り、それが迷路のようだと悟ったのだろう。弾幕はくるくるまわっているしにゃ。




●禁忌「スターボウブレイク」
星虹(せいこう、starbow)とは、光速近くで移動する宇宙船から星空を眺めると、ドップラー効果と特殊相対性理論の効果によって、星の見かけの位置が進行方向前方に移動し、進行方向を中心とした同心円状に星の色が変化して虹のように見える、といわれている現象である。要するに星が作る虹を破壊しようという訳だ。
あれ、これは…魔理沙に対しての宣戦布告なのか。

兎に角、綺麗なものほど壊したいらしい。




●禁忌「カタディオプトリック」
天文学用語の造語で、反射望遠鏡にレンズを組み込んだ方式の望遠鏡の事。狭い場所で星を夢みていたのだろうか。



●禁忌「過去を刻む時計」
毎日が同じなら、出生してからの495年間の過去を振り返ることでしか日々に変化が生まれない。といったところか。それしかすることがなくなる程に追い詰められていたのか。最早、今を見なくなった少女。弾幕レーザーは反時計回りに回っていましたね。



●秘弾「そして誰もいなくなるか?」
このスペルのみ「禁忌」ではなく「秘弾」である。前記事の示す通りのオーエンとの違いが明瞭に現れるところであろう。この違い、これこそが彼女を破滅から救ったのではないだろうか。「いなくなった」のではないからこそ、僅かな希望を持っていたのかも知れない。



●QED「495年の波紋」
生まれてから、水面下のように沈黙を続けた生活に一粒の雫が落ちたとき。ゆるやかな変化がやがて衝撃となり、彼女を動かした。


QED=Quod Erat Demonstrandum(かく示された)。つまり「証明終了」の意味。彼女は遂に自身の答えを導きだしたのだった。

テーマ: ゲーム、アニメ、その他

ジャンル: ニュース

[edit]

« 東方アレンジ曲「Crazy Frandle!」  |  作曲メモ(U.N.オーエン)その1 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://noizirou.blog112.fc2.com/tb.php/31-a2191095
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。