07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

目標をセンターに入れてスイッチ 

アイドルマスターには撮影機能というものがある。これは、自分がプロデュースするアイドルが人前で歌うときにのみ発動するモードで、プレイヤーは観客でありながらカメラ小僧にもなるという夢のアイドルおっかけごっこが体験できるという代物だ。アイドルマスター1に引き続き、2にも導入されたこのシステムがなかなか楽しくて、画期的なシステムだなあと感心していたのだが。思い返せば昔、このアイドルという小動物を撮影する前に、似た様に小動物を撮影したことがあるのを思い出した。写真撮影というシステムをより早く導入していたゲームの存在を。そう、今や世界的に有名なポケットモンスターのゲームソフト。ポケモンスナップである。

当時、ニンテンドー64で発売されたこのソフトは、ゲーム内で乗り物にのり、茂みや岩場から現れるポケモンを手持ちのカメラでカシャカシャとしていく安直なゲームだったはずだ。当時としては新しい試みで、ゲーム内で撮った写真をコンビニでプリントシールにするサービスなんかもやっていた。が、アイマスほど…魅力を感じただろうか。この緑黄色赤紫に光る小動物を写真に収める行為が本当に楽しかっただろうか。子供の頃、友人の家でやったこのゲームはハッキリ言えば一回やれば後は別にいいや。と。子供ながらに思った。そして今、大人になった今。アイドルを撮影することは果たして本当に面白いのだろうかと疑問を感じた。本質は全く同じ、緑黄色赤紫に光る小動物を写真に収める行為ではないか。楽しいのか?楽しいのか自分よ!楽しいのである!

これが子供にはなかった性欲の目覚めなのだろうか。同じ画面にアイドルと共に横たわる黄色ネズミがいたとしても、僕はアイドルのみを撮影してしまうのだろう。いや…でもナムコキャラのドンちゃんとかパックマンのオバケを一緒に撮影している僕はなんだ。単純にポケモンスナップに魅力を感じていないだけなのだろうか。謎は深まるが、アイドルは今日も輝いている。僕は初めてモンスターボールがほしいと感じた。アイドルをゲットだぜするのだ。あ、ポケモンスナップ…たのしいのかもしれない。

テーマ: 雑記

ジャンル: ゲーム

[edit]

« あのこどこのこエンドレスシーズン  |  あのこどこのこ »

この記事に対するコメント

ポケモンスナップ、楽しいですよw
全匹出るわけじゃないですけど、ピカチュウげんきでちゅうよりは楽しめるんじゃないでしょうか!

あ、PS3かなんかでサバンナで動物を撮影するゲームあります。美人なキリンとかシマウマとかw

みっく #- | URL | 2013/01/22 06:48 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://noizirou.blog112.fc2.com/tb.php/384-b1255cd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。