06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

なうろーでぃんぐ 

スーファミのロード時間に比べると、現行のPS3なんかは結構なロード時間がかかったりするのは媒体がディスクだからなんだろうなあ、と思う。これがROMだったりインストールメディアだったりすると爆発的に早いわけだけども、今となっては初期PSのロードなんかは程良い待ち時間でよかったなあ、なんて思ったりもする。というのも、ホラーゲームにおいてはそんな奇妙な沈黙が結構大事だったりするからだ。通常、ゲームにおけるロードの待ち時間なんかは「now loading」の文字があるから、あ。俺は今、待たされてるんだ。別に画面が止まったのはゲームがフリーズしたからじゃないんだな。と解釈できるわけだけど、何度も見続けると、またか。なんて気持ちにもさせられてしまう。だからこそバイオハザードのロード画面には「now loading」と表記せずに、扉を開ける動作を挟んだわけだけど、これはかなりプレイヤーに緊張感を与えていて良い演出だなあと感じた。ホラーにおける緊張感とロードの長さを上手く利用して、プレイヤーを誘導する事で心理的にもストレスが感じられないのは面白い仕様だ。そう考えると、近年のバイオハザードはこれがなくなったなあ。突然の連打アクションとかコマンド入力が入ることが多くなった気がする。これって結局ホラーというよりはアクション要素が強くなった結果なんだよなあ。

ホラーといえば、よく「100日までに死ぬ」とか「こんや 12じ だれかがしぬ」なんて売り文句があるけど、この予告期間って結構重要だと思う。ゲーム内においての予言や予告はプレイヤーに対して与えられる情報が一定だから安心して恐怖に怯えられるわけだけども、こと実際にあるようなムラサキカガミなんかは聞かされる状況が曖昧だから人によって怖さの尺度が変わってしまったりする。「20歳までにムラサキカガミという単語を覚えていると死ぬ」と冬に誕生日を迎えるやつに19の夏、怪談で語ればある程度(秋の中頃にふと思い出して震えるくらい)は恐ろしさが味わえるけれど、これが中学生なりたてに言っても、実感なくてそんなに恐ろしくないんじゃないかなあ、と。まあ、何が言いたいかというとタイミングって大事ってこと。ロードの時間然り、ホラーにおいては重要な要素だよって事。よし、うまく繋がった。

テーマ: 日記・雑記

ジャンル: ゲーム

[edit]

« ちっちっち…メンヘラハンターと呼んでくれ  |  あきまんが大王 »

この記事に対するコメント

日本人的なホラー感覚からアメリカナイズされたホラーに変わったせいでしょうな。じっとり梅雨から雷雨へ。世界へ媚び媚び。

るき #- | URL | 2013/01/30 18:42 * edit *

昔のゲームは画面の画質が悪くて想像力を掻き立てられた補正があったのかもしれないですねー。
映像が綺麗すぎるとグロさだけで終わるのかも!?

みっく #- | URL | 2013/02/01 01:19 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://noizirou.blog112.fc2.com/tb.php/392-e810b989
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。