05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

少年にイタズラした話 

子供にカードの落し物がなかったかと聞かれた。聞いてみたところ、ドラゴンボールヒーローズなるゲームで使うカードを一枚なくしたと言う。カードの名前を聞くと、あの、その、孫悟空…などと言うキッズ。おいおい主人公じゃん。どーすんの。

引き出しをゴソゴソしていると、孫悟空と描かれたカードを二枚見つける。一枚はレア度の低いコモンカード、もう一枚はレア度が明らかに高いであろうキラキラしたレアカード。しかしながらこの二枚のカード、落し物として届けられた日付が明らかに古い。あからさまにこの子の所有物ではないだろう。

「ちなみに落としたのはいつ?」
「今日です…」

そうか。なるほど。ここはひとつ、悪魔の囁きをしてみるか。僕はレアカード束を取り出し、コモンカードの孫悟空を見せず少年に提示した。さぁ、少年ここに君が落としたカードはあるかい。

「あっ…あの…これ!これです!」少年はしばらくカードを見て悩んだ挙句にそう言った。ふふ、嘘つきめ。カードを全部見てから選んだな。だが、その欲に負ける姿が人らしい。持っていけ人の子よ。少年はバツが悪い表情をしながら、ゲーム筐体には向かわず。逃げるように人混みに消えた。

[edit]

« デジタル絵  |  えむすりぃ »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://noizirou.blog112.fc2.com/tb.php/403-289b40ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。