08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

時計じかけのオレンジ 

「緑茶のテアニンがリラックスだよ?」








作中でタップダンスを踊る「雨に唄えば」を皮肉る「時計じかけのオレンジ」。この作中ではタップダンスではなく、老人に蹴りを入れながら「雨に唄えば」を歌う。挙句には歌いながら、その妻を強姦。非力な僕には魅力的な暴力シーンだ。歌や曲は狂気にも歓喜にも変貌する。さながら女心と秋の空。










「こういう天然成分が足りてないせいで現代人の心が弱ってるんだよ」









男は自分勝手ね、私が手に入らないと知ると、すぐ中傷するもの…と。生きてる内は華でござんしょ。そんな心持ではスネグーラチカも来ませんよ。サンタにレイプされるのがお似合いってもんです。待つことは死と志せ、恋せよ乙女ですわ。





それなりに幸せなはずなのに機械の様に生きる様は、さながら「時計じかけのオレンジ」のようで、この回る世界を誰が作ったというのだろうか。明日、職を失えど。その代わりは湯水のように沸いて出る。イザナギが産湯を作る度に、イザナミが刈り取っていく。我々に選択肢は無く、ただオレンジは転がり、腐り、そして溶ける。







夢に恋せよオレンジ

明日の月日は無いものを









テーマ: この映画がすごい!!

ジャンル: 映画

[edit]

« 本当の近未来  |  黒髪少女と日常に潜む影 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://noizirou.blog112.fc2.com/tb.php/54-00abf6f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。