06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

アラサ・ガシビスティ 

昨日小瓶を手に入れたのでその中で「虫を飼ってみたい」などと思ったのだが、いざ何の虫を飼うかで悩み始めると、結局「虫は嫌いだ。虫は飼えない。」と結論が出てしまった。だが一度湧き出した独占欲は留まる所を知らないものでもある。貪欲に「飼う」という言葉に執着した結果、僕は幼女を飼うことにした。このクソ寒い時期に外の犬小屋でスクミズを着てランドセルを背負う少女は………ってきら様じゃないですか。そんな格好では風邪をひいてしまいます、少々お待ちを…今お召し物を。ああ、そうです。きら様、何か食べたいものはございませんか?簡単なものならご用意できます。


しかし残念ながら人間は飼えません、例外もあるでしょうけど僕はどちらかと言えば飼えない側の人間です。そもそも小瓶で飼うというコンセプトから逸脱している。まあ、そんなわけなので、小瓶にクリップを飼うことにしました。紙を挟む銀のクリップ11個を無造作に瓶に入れて共に生活をする。閉鎖されたクローズドサークルで使用の為にひとつづつ消えていくクリップ達。「そして誰もいなくなった」とさながらミステリー小説の舞台。

テーマ: 日常の出来事

ジャンル: ブログ

[edit]

« 機知GUY  |  16bitギターコード »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://noizirou.blog112.fc2.com/tb.php/68-44add26a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。